年月日できごと
昭和
9年
10月
坂本医院開業(院長:坂本 章)
昭和
11年
第一病棟
昭和
24年
第二病棟
昭和
26年
1月
医療法人坂本病院設立
昭和
28年
第三病棟
昭和
30年
4月
労働災害保険指定医療機関
第五病棟
昭和
32年
社会保険へ加入
昭和
33年
2月
学校医協力教育委員会表彰
昭和
35年
10月
原子爆弾被爆者医療指定
昭和
37年
10月
熊本県学校保健会表彰
熊本県教育委員会表彰
昭和
42年
本館・病棟新築
昭和
43年
1月
救急病院指定
昭和
43年
4月
養育医療指定
昭和
43年
7月
熊本県警察協力功労賞
昭和
53年
10月
日本母性保護医協会表彰
本館・病棟増築
昭和
58年
5月
坂本 彰一郎 院長就任
昭和
62年
10月
坂本 章 文部大臣表彰(学校保健功労賞)
平成
2年
4月
福祉功労県知事表彰
平成
3年
4月
坂本 章 会長就任
坂本 彰一郎 理事長就任
平成
6年
4月
饒波 保 院長就任(~H10年4月)
平成
9年
3月
熊本県災害拠点病院指定
平成
10年
4月
坂本 彰一郎 院長再就任
平成
13年
4月
矢部広域病院へ改名
山﨑 洋二 院長就任
平成
16年
9月
救急医療功労者厚生労働大臣表彰
平成
18年
4月
救急病院指定 辞退
平成
23年
3月
熊本県医療施設耐震化整備事業の中で、病院現地建替に着工
平成
23年
6月
東日本大震災被災地に日本医師会災害医療チーム(JMAT)として職員を派遣
平成
24年
4月
坂本 達彦 副理事長就任
病院現地建替第1期工事終了に伴い、新病院にて診療開始
電子カルテシステム導入
平成
25年
4月
新病院グランドオープン
人工透析開始
平成
25年
6月
熊本DMAT指定
平成
26年
7月
坂本 彰一郎 会長就任
坂本 達彦 理事長就任
平成
28年
5月
坂本 達彦 院長就任